海水水槽

今年は例年になく冷え込み、海水水槽の魚も弱り、いそぎんちゃくも触手がだらしなく萎んで元気が無かったのでヒーターを買ってきて入れました。

次の日には元気になっていると思ったのにガラスに貼り付いていた貝は落ち、いそぎんちゃくも触手を引っ込めて貝やいそぎんちゃくの周りには水カビのようなものが出来ていました。

生き残ったヤドカリやニシガイを海で汲んできた海水に入れて暫くは釣りのクーラーで買う事にしました。

数日後、外の水道が溶けたので水槽を洗っているとまだ貝殻にいそぎんちゃくが着いています。

しかも生命感のある色です。

死んだと思っていた大きなニシガイ数個も蓋が半開きのままだけど、ツンツンするとまだ動きます。

もしかして死んでない?と思い、新しい水槽に入れてヒーターをかけておいたら少しずつだけど元気になりました。

今では水温も15度まで上がり、ニシガイもガラスに昇るくらい元気になり、いそぎんちゃくも大きなイチヂクくらいになりました。

広告を非表示にする