ピラティススタジオ肥後橋BB豆知識痛みのメカニズム〜

あなたの身体の悩みを解決するピラティス専門パーソナルスタジオです

はじめての方はこちら

スタジオBB肥後橋で出来ることは沢山あります

多くのお客様の声をいただいております

こんにちは!

大阪の肥後橋にある加圧ピラティススタジオBBの中芝です

当スタジオでは痛みを何とかしたいという目的でお越しいただくお客様も多くいらっしゃいます。

首、肩、腰、膝など、各箇所に痛みを起こしている状態です。

痛みの原因は

外傷

外力によってうけた傷、切り傷、打撲、骨折など。

オーバーユース

各部位の使い過ぎによっておこる傷害、炎症、疲労骨折など。

ミスユース

カラダの間違った使い方代償動作によっておこる傷害。

組織変性

筋靭帯筋膜など複数の組織変性によっておこる痛み、関節痛

など。

神経の変性

椎間板ヘルニア坐骨神経痛など。

血流の制限過度

痛みの閾値の低下

などなど痛みの原因はたくさんあります。

痛みを引き起こす物質は

プロスタグランジ

サブスタンスP

ブラジキニン

などがあります。

何らかの原因で、カラダの組織がダメージを受けると

交換神経運動神経が興奮血管が収縮筋緊張亢進プロスタグランジンが分泌血管が広がる収縮していた所に血液が流れるダメージを受けた所が熱も持つ知覚神経が興奮脳が痛いと認知する。

という痛みのメカニズムがあります

組織の損傷などで痛みがあるときは、このプロスタグランジンを抑制すれば痛みは治まりますが、それを抑える物がロキソニンボルタレンなどの鎮痛剤です。

ロキソニンなどの鎮痛剤などが効かずに痛みがでる場合、それは組織損傷の問題ではなく、心因性の問題も疑われる訳ですね。ヘルニアや坐骨神経痛などの神経障害性の痛みは別です。

しかし、ここで抑えておきたいのは、痛みも必要なサインで、例えば足の骨が折れているのに、いつも通りの生活を続けているときっと自力でたてなくなるでしょう

つまり痛みとは治癒させるカラダのサインなのですが、どのような方が当スタジオに来られるかといいますと

包丁で手を切った、骨が折れたなどの急性期の痛みを持った方ではなく、長年痛みのある慢性的な痛みをもった方が来られます。

次回はこのような痛みを持たれている方に対して、私たちが提供していることについてお話したいと思います。

本日はここまでです。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

加圧ピラティススタジオB&B大阪肥後橋

550-0003大阪市西区京町堀1-7-12京町堀パートナーズビル3F

コース料金表受付時間アクセス

大阪市内で、パーソナルトレーニングを受けるならへ!!

スタジオ風景はこちらからご覧ください。