子どもが歯磨きを嫌がる対処方法仕上げ磨き編

こんにちは。

毎日のお子さんの歯磨き、ちゃんと磨けているか心配ではありませんか?

自分だけでちゃんと磨けるようになるには、それなりの年数が必要です。

その間、保護者の方の仕上げ磨きが重要になっていくのです。

早いお子さんでは3月前後から可愛い歯が生えてきます。

その頃から歯を清潔なガーゼで拭くことをお勧めします。

母乳やミルクでも虫歯のリスクはあります。

口の中に入れることを不快に思わないようにするキッカケにもなります。

またキシリトール入りの歯を拭く使い捨てウェットタイプのものも市販されています。

半年〜1歳で本格的に仕上げ磨きを始めましょう。

仕上げ磨きは特に夜が大切です。

機嫌の良い時間帯で親子のスキンシップを楽しみましょう。

仕上げ磨き用歯ブラシはヘッドが小さく持ちやすみものを選びましょう。

歯ブラシの堅さは普通が良いと言われていますが、お子さんの状態によって変化させる必要もあります。

痛みに敏感で歯磨きを嫌がるお子さんにはやわらかめがおススメです。

仕上げ磨きに関してはどうしても嫌がるようでしたら、時には押さえつけも必要です。

仕上げ磨きはある程度自分で磨けるようになるまでは夜だけ続けましょう。

お子さんが歯磨きを嫌がった場合

ついイライラして怒ってばかりでは余計に嫌がります。楽しい歯磨きタイムを演出してみましょう。

歯磨き絵本

歯磨きの歌

ぬいぐるみなどを使って歯磨きごっこ遊びで楽しむ

ママとパパで楽しく歯磨きし合っている姿を披露する。

歯磨きを楽しむ、それが一番の嫌がるお子さんの対策法です。

南流山リーフ歯科クリニック

引用元子どもが歯磨きを嫌がる対処方法仕上げ磨き編