一方ドイツは前半は受身に回る時間が長く

一方ドイツは前半は受身に回る時間が長く、先制点は取ったものの苦しい展開。特にゴレツカは持ち前のダイナミズムをなかなか活かせない。サイドでもチリのプレスバックをかいくぐれるメンバーはドラクスラーしかおらず、シュートまでいけない。